名医の施術を受けられる二重整形クリニック厳選比較

~安心&確実な名医の施術が受けられる
 二重整形クリニックをピックアップ~

名医の施術を受けられる二重整形クリニック厳選比較

オススメ度星4つ

ヴェリテ
クリニック

名医ピックアップ

Dr.
福田 慶三

ヴェリテクリニックの二重整形施術をチェック!
オススメ度星5つ

真崎医院

名医ピックアップ

Dr.
真崎 信行

真崎医院の二重整形施術をチェック!
オススメ度星3つ

聖心
美容外科

名医ピックアップ

Dr.
伊藤 康平

聖心美容外科の二重整形施術をチェック!

自力で二重整形!それって大丈夫?

二重整形をしたくても、なかなか踏み出す勇気がない。
そんな女性がチャレンジしたくなるのは、自力での二重整形。
つまり、お金もかけず、人の手も借りないでまぶたをいじる方法です。
どんな種類があるのでしょうか。そして、それらに効果やリスクはあるのかをリサーチしました。

マッサージ

まぶたに老廃物がたまりむくんでいると、二重のラインが出にくくなります。これを解消することで、二重を形づくるという方法です。

  1. アイクリームやマッサージオイルなどで肌をなめらかにする
  2. 眉頭の下のへこみに指を当てる
  3. 指を眉尻のほうへ滑らせる
  4. そのままへこみにそって、円を描くように眉頭のほうへ戻す

以上の動作を毎日数回ずつ繰り返します。
するとリンパの流れがよくなり、目の上がすっきりしてきます。
事前にお風呂に入ったり、蒸しタオルをあてて温めたりしておくと、血行がよくなり効果が高まるとのこと。
手軽で簡単ですが、継続することが重要です。

アイプチ

アイプチという商品を使用して、のり状の液体でまぶたに二重のひだを形成するという方法。

  1. のり状の液体をまぶたに塗る
  2. 不属のプッシャーで二重のひだを形成する
  3. ひだをくっつける

使用するときのコツは、二重のひだを上手につくること。
二重の幅や位置を自由に決められるというメリットがありますが、この過程で失敗すると、仕上がりが不自然になってしまうというデメリットもあります。
アイプチで形成された二重は一時的なものですが、使用を続けると、使用しなくても二重になるという人もいるようです。

デメリット

自力での二重整形には、大きなデメリットも。お金があまりかからず手軽にできるという一方で、肌を痛める可能性があります
目の周りの皮膚はとても薄く、たいへん痛みやすいのです。
また、こすったり刺激したりすることが、色素沈着やしわにつながることも
自力でチャレンジして肌を痛めてしまうよりは、お金をかけてプロの手にまかせる判断も必要でしょう。