名医の施術を受けられる二重整形クリニック厳選比較

~安心&確実な名医の施術が受けられる
 二重整形クリニックをピックアップ~

名医の施術を受けられる二重整形クリニック厳選比較

オススメ度星4つ

ヴェリテ
クリニック

名医ピックアップ

Dr.
福田 慶三

ヴェリテクリニックの二重整形施術をチェック!
オススメ度星5つ

真崎医院

名医ピックアップ

Dr.
真崎 信行

真崎医院の二重整形施術をチェック!
オススメ度星3つ

聖心
美容外科

名医ピックアップ

Dr.
伊藤 康平

聖心美容外科の二重整形施術をチェック!

保険は適用される?

二重整形で保険適用がされる「眼瞼下垂」やその他の施術法について紹介しています。

二重整形に保険適用はされるの?

美容外科での施術は、ほとんどが自由診療。加齢によるシワやたるみ・二重整形・バストアップなどの施術は、保険が適用されません。理想の外見にするための個人的な施術は、病気や怪我の治療とは関係が無いからです。

保険診療では、日本国憲法の第25条・第1項&第2項に基づき、以下のポイントが重要になってきます。

  • 治療が必要な病気や怪我になっている
  • 保険診療だと国に認められた治療法である

これに当てはまっている場合は、顔のほくろイボの除去乳房再建などの治療において、保険が適用されることもあります。
また、二重整形の施術では、逆さまつげが保険適用されることも。3割負担の場合、費用は片目・約6,000円、両目・約11,000円で治療が受けられます。顕著な蒙古ひだに関しても、治療の対象になるのです。

眼瞼下垂は保険が適応される

二重整形では、眼瞼下垂の施術で保険適応が可能なことも。眼瞼下垂は、目の開きが悪い状態のことを言います。周囲に眠そうな印象を与えてしまうこともあるようです。
医師が「日常生活に支障をきたしている」「医療行為が必要な眼瞼下垂である」と判断すれば、健康保険を利用して手術が可能。しかし、あくまで医師の判断なので、クリニックによっては保険診療にならないケースもあります。

眼瞼下垂の先天的な症状としては、まぶたを開閉する筋肉が生まれつき弱いとなりやすいようです。後天的な症状は、筋肉の力がまぶたに上手く伝わらないとなります。片方だけ眼瞼下垂になっている場合は、左右違った症状が現れることもあるのです。
眼瞼下垂の手術は3割負担の場合、両目・約50,000~60,000円、自由診療だと約300,000円から施術が可能です。また、生命保険の手術給付金により、保険適用の手術費をカバーできる場合もあるようです。

診断は主に視界チェックで行われます。医師は、上まぶたに被っているのが「黒目」か「瞳孔」かどうかで眼瞼下垂なのか判断しています。上まぶたが瞳孔に被っていれば、保険診療になります。しかし、黒目が少し隠れるほどでも総合的に判断して保険適用とするクリニックもあるようです。

クリニックによっては、保険適用の施術はデザインを二の次にされることも。そのため、自分が納得のいくクリニックを選ぶ必要がありそうです。