名医の施術を受けられる二重整形クリニック厳選比較

~安心&確実な名医の施術が受けられる
 二重整形クリニックをピックアップ~

名医の施術を受けられる二重整形クリニック厳選比較

オススメ度星4つ

ヴェリテ
クリニック

名医ピックアップ

Dr.
福田 慶三

ヴェリテクリニックの二重整形施術をチェック!
オススメ度星5つ

真崎医院

名医ピックアップ

Dr.
真崎 信行

真崎医院の二重整形施術をチェック!
オススメ度星3つ

聖心
美容外科

名医ピックアップ

Dr.
伊藤 康平

聖心美容外科の二重整形施術をチェック!

二重整形カウンセリング時のポイント

二重整形に成功して思い通りの二重が手に入ったという方もいれば、反対に理想通りの状態にならなかったり、トラブルに発展してしまう方もいます。こういったことを避けるために重要なカウンセリング時のポイントについてご紹介しましょう。

二重整形のカウンセリングで確認しておきたいこと

カウンセリングはどこのクリニックでも行っています。どのクリニックが本当に自分に向いているのか、理想通りの二重になれるのか、医師は信頼できるのかなど様々なことを判断するポイントでもあるので、ただ適当に話を聞いて終わりにするのではなく、様々なポイントを見極めてみましょう。

具体的にどのようなポイントに注意してカウンセリングを受ければ良いのかについてご紹介します。

大前提として、カウンセリングで遠慮はいりません。わからないことや気になる事があったらそれをすべて解消できるまで質問をしましょう。質問にしっかりこたえてくれない医師や、面倒くさそうな対応をされた場合には他のクリニックを選んだ方が良いです。

本当に信頼できる医師はこちらが納得できるまで話を聞いてくれます。これは、理想的な二重を作るために最低限必要なことだといえるでしょう。

自分の理想の二重について

医師はあなたの理想について詳しく話を聞かないとわかりません。テレビに出ている芸能人のようなパッチリとした二重にしたいと思っている方もいれば、違和感のない奥二重にしたいといった方もいます。

相手(医師)はプロなのだからそれほどしっかり伝えなくても理解してくれるだろうと考えるのは危険です。自分の理想の二重を伝えるためには、自分自身でどのような二重を目指したいのかしっかりと把握しておくことが大切。

鏡を前にしてヘアピンの端などを使ってラインを作って考えたいですね。普段、メザイクやアイプチを使ってメイクをし、その時のラインが理想的ということであれば、理想的なラインを作った状態で写真を撮り、それを医師に見せるとわかりやすいです。

医師の意見について

こちらの意見が100%通るとは限りません。お金を払うのはこちらなのだし、すべて意見を聞いてもらえるのが当然なんじゃないの?と思うかもしれませんが、医師から自分が希望しているのとは違う幅での二重を提案されることもあるのです。

これは医師の技術力が足りないために対応できないわけではなく、実際に希望通りの二重を作ると明らかに不自然なケースに多いといえるでしょう。例えば、希望通りの二重幅を作ってしまうとまぶたの重い眠そうな目になってしまい、かえって目が小さく見えてしまうようなケースもあります。

医師はたくさんの施術を行ってきているわけなのでどのような二重がその人に合うのか、反対に合わない施術や二重のラインはどういったものなのかも熟知しているでしょう。頑なに自分の意見を押し通したところ失敗してしまった…という方もいるので、医師の話もよく聞きたいですね。

費用に関すること

施術に関してかかる総合的な費用についてよく確認しておきましょう。ホームページ上に施術に関する費用しか書かれていないものの、実際には麻酔の費用やアフターケアの費用が別途発生するようなところもあります。

リスクやデメリットについて

元のまぶたの状態を無理やり変更するわけですから、リスクはゼロではありません。どのようなリスクが考えられるのか、最悪のケースが発生した場合にはどのようなアフターケアが受けられるのかなどについても確認しておきましょう。

アフターケアの内容について

切開法は腫れが大きく出てしまう可能性がありますし、埋没法は糸が取れるなどのトラブルが発生することもある施術です。二重の整形をする際には理想的な二重ができ上がることばかりを考えてしまいがちですが、万が一、トラブルが起きた時のこともよく考えておきましょう。

クリニックによってどのようなアフターケアを行ってくれるかは異なります。糸が取れたり、まぶたが腫れた場合にはどのような対応をしてくれるのか、保証期間がある場合はどれくらいなのか、再施術が必要になった場合には追加費用が発生するのかなどについても確認しておきましょう。

腫れやダウンタイムについて

特に切開法で施術を行った場合、埋没法に比べると腫れが大きく出ます。例えば、接客業をやっているような人はまぶたが大きく腫れた状態で仕事することは難しいでしょう。この場合、何日か仕事を休むことについても考えておかなければなりません。

クリニックでどのような施術を受けるのかによって腫れの大きさやダウンタイムは異なるので、この点も事前にしっかり確認しておきたいですね。これは実際に施術を受けるタイミングについて考える際にも重要な情報になってきます。

この他にも気になることがあったらすべて質問して疑問を解決しておきましょう。